アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
手術

動物病院の診療費は全額自己負担だからペット保険

動物病院の診療費は人間のように健康保険がありませんから飼い主が全額自己負担になります。

ペット保険は飼い犬あるいは猫が突然の病気や怪我で通院・入院・手術が必要になりました時、治療にかかりました費用の50%または70%を支払ってくれます。保険金の支払回数や1回の金額に無制限です。かかりつけはもちろん、それ以外の病院でも保険金の支払いをしてくれます。加入するのでしたら、年齢が若いほど保険料は安くなります。

ペット保険の形態
ペット保険には、補償額を差し引いた金額だけをその場で清算できる病院対応型と、自己負担で全額支払った後に補償額を請求する立替型と、2種類の形態があります。

対応型は人間の健康保険適用時と同様の支払い方法となり、大変便利なものですが、保険会社が提携している動物病院のみの適用となります。立替型はどこの病院でも使えますが後日保険会社に請求をする手間がかかります。かかりつけの病院が保険会社の対応病院となっているか、確認することが必要です。

ペット保険のメリット
人間は皆、健康保険に入るので自己負担額は少なくて済みますが、動物はそうはいきません。動物だって、癌になったり、心臓の病気を患ったりする可能があり、急に高額な治療費が必要になることも考えられます。そのような時に備えてペット保険に加入しておくとよいです。動物病院を受診する際に保険証を提示するだけで、人間と同じように保険が使えるので便利です。

ペットも大切な家族ですので、万が一病気にかかった時にきちんと治療を受けさせてあげるために準備しておきたいものです。

犬処置後

動物病院とは

動物病院とは、獣医師が診療を行う施設のことを指し、扱う動物は小動物を対象とし、アニマルメディカルセンターとも呼ばれます。

全国に約1万500か所存在し、設備には診察室の他に、手術室・入院室・レントゲン等があり、一部の大学病院などでは、人間の医療にも使われるMRIやCTなどの高度な医療機器を揃えています。

24時間対応や往診専門等を行う病院もあります。

民間の保険会社が行うペット保険もあり、診察から入院・手術までの診察料金の一部を負担してくれる制度もあります。掛け金は、種類や年齢により変わってきますが、提携している病院での診察であれば、保険で支払われる金額を超えた分のみの支払いとなるため、万が一の為にも加入していると便利に利用できます。

動物病院で診察するペットについて注意しておきたいこと
動物病院とは、法に基づき獣医師が飼育動物の診療業務を行う施設の総称です。飼育動物のうち産業動物を除いたペットに分類される小動物を対象としています。

現状では犬や猫をはじめとして、鳥やウサギ、フェレット、ハムスターなどを対象としていますが、獣医師全てがこれらに対応できるわけではなく、各医師により診療対象動物は多少異なってくる場合があります。診療を目的として動物病院を訪れる際は、予め確認しておく必要があります。

動物病院の活用法
動物病院の活用法は、獣医師の進歩、動物の生活環境の変化などにより、動物の高齢化が進んでいます。そのため、高齢動物では、飼い主が老化現象と思っていることが病気の症状である場合もあり、その判断が難しいです。症状を予防するために、若いうちから心がけたいこと、高齢になってから心がけたいことなど様々あり、専門の獣医師に聞くとよいです。問題に対処する獣医師や看護師、飼育相談員など様々な人に聞くことが必要です。

急な治療費などを考えて、ペット保険に加入することが大切です。